検索

フロントヘアラインデザイン

毛髪置換の最も重要な要素の 1 つは、前髪の生え際の外観です。 リアルなヘアラインにより、ヘア システムは検出されなくなります。 これは、髪を後ろでとかしたり後ろに引っ張ったりする場合に特に重要です。 前髪がある場合、または前にとかしたヘアスタイルの場合は、前髪の生え際をそれほど気にする必要はありませんが、最も自然な外観を実現する方法を知ることは依然として重要です。

これからわか​​るように、ヘア システムを着用するために、生えている前髪の生え際を取り除く必要は必ずしもありません。 使いやすい前髪の生え際を維持することで、非常に自然な外観を作り出すことができます。 必要に応じて、非常にリアルなヘアラインを再作成することもできます。

生えている前髪の生え際を活用する

前髪の生え際が健康な場合は、最もシームレスな外観を得るためにヘア システムをその後ろに取り付けることをお勧めします。 最も自然な外観を得るには、前頭部ゾーンの密度を生え際の生え際に合わせます。 生えてくる髪の毛をほぼカバーしてくれるので、前髪や前かきなどは自分より少し濃い目の密度で注文すると見栄えが良くなります。

ベースの素材によっては、生えているヘアラインの深さが 1/4 インチにもなり、システムの端を覆う場合もあります。 前髪の生え際をできるだけ多く使用しても構いませんが、非常に密でない限り、1/2 インチ以上をブレンドするのは難しい場合があります。

成長する生え際の密度は自然に増加するため、ヘア システムに 目に見えない前髪の生え際を組み込む必要はありません。

目に見えないヘアラインとは何ですか?

前髪の生え際が非常に自然に見えるようにしたいと考えています。 これを実現するために、非常に細い毛をランダムなパターンで微妙に手で結び、徐々に密度を高めます。 目に見えないヘアラインの最初の数ミリメートルはランダムであり、通常の濃度レベルへの微妙な段階があります。 レースベースやモノフィラメントベースのスタイルでは、結び目をブリーチして見た目を明るくし、前髪の生え際が非常に自然で、頭皮から髪が生えているように見えます。

hair system invisible hairline
目に見えない生え際が前方に侵入しないように、成長中の前髪の生え際を維持しているかどうかを植毛コンサルタントに知らせてください。 システムは髪の生え際の後ろに配置されるため、エッジに沿って最大限の密度が必要です。

前髪の生え際を再作成します

景気後退の決定

男性も女性も生え際の「不況」を経験します。これは、前髪の生え際が柔らかくなり(薄くなり)、年齢とともにその形状が変化することであり、髪の生え際が失われ始めた男性に見られる深い「V」字型だけではありません。

顔の柔らかい組織と硬い頭蓋組織が接する線をたどることで、陥凹の種類を簡単に判断できます。

髪の生え際の後退の形状とレベルを判断するのが難しい場合は、以下に示す正面ガイドを使用してください。
hairpiece front hairline
各フロント ガイドは異なる形状です。どちらが自分に適しているかを判断するには、髪の生え際を開始したい位置に各ガイドを配置します。 最もフィットする形状を選択してください。ヘア システムの前面をその形状に合わせて作成します。

目に見えないヘアライン

生え際の毛が太くても、前髪の生え際は細い毛から始まり、徐々に太く密度が増していきます。また、結び目を漂白して、より良くブレンドするために 1 ~ 2 色明るくします。 リアリティをさらに高めるには、前髪の生え際の端に沿って少し明るい色をリクエストすることを検討してください。

前髪の生え際「リカラー」

究極のリアリズムを実現するために、ヘア システムを作成するときに「再カラー」として知られるプロセスを利用できます。 カラーリングをし直すと、前髪の生え際や前切れ目、レースや薄い皮膚の一部に沿って結び目が実質的に消えます。 ノットブリーチは本質的に髪を1、2シェードのみ明るくすることに制限されていますが、リカラーはブロンドの髪を前髪の生え際(前髪から約1インチ後ろ)および/または露出した部分/切れ目部分に換気するプロセスです。裏起毛スタイル。 次に、その髪は、根元と結び目を避けて、システムの残りの部分と一致するように色付けされます。 このようにして、これらの領域の結び目はまったく見えなくなり、露出したヘアラインは信じられないほど自然に見えます。

基材

髪の生え際の一部が露出して見える場合は、レースや薄いスキンなど、非常に細かいベース素材を選択するのが最善です。 適切に取り付けられると、これらの素材はヘアラインが露出しても検出されなくなります。

最もリアルな外観を実現するには

システムの密度が薄く、髪の生え際が露出している場合は、液体接着剤が最適なアタッチメントの選択です。テープによるアタッチメントのようにベースが皮膚の上に留まるのではなく、皮膚の中に隠れるからです。 また、液体接着剤はテープに比べて光沢が少ない傾向があります。

また、前髪の生え際の端に沿って接着剤に浮遊汚れやほこりが付着しやすいため、自然な外観を維持するために、数日ごとに必ず前髪の生え際を掃除してください。

長い髪

髪を後ろにまとめて着る予定の場合

とかしているときや、ポニーテールなどの特定のヘアスタイルで髪を後ろに引っ張ると、前髪の生え際に張力がかかります。 成長中の髪の生え際を使用していない場合、緊張が続くと早期にリフトアップが発生し、数日ごとに前髪の生え際を付け直す必要が生じる可能性があります。

前髪を付ける予定がある場合

額を覆うか横に流すかにかかわらず、前髪を長めまたは短めにすると、前髪の生え際があまり気にならなくなります。 ヘアスタイルに慣れていない場合は、前髪があると前髪の生え際が露出することをあまり心配する必要がないため、移行が簡単になります。

ショートヘア

髪を後ろにとかす予定がある場合

成長期の生え際を使用しない場合に、裏起毛スタイルを毎日着用すると、早期にリフトアップする可能性があり、数日ごとにフロントを付け直す必要がある可能性があります。

髪を前にとかす予定がある場合

前髪を作るか、髪を前にとかして前髪を隠すと、前髪の生え際があまり気にならなくなります。 髪をとかし続ける必要がないので、アタッチメントがより長く持続します。