検索

ヘアシステムによるライフスタイルの制限

私たちは、ヘアシステムでの日常生活について心配し、ヘアを着用している間に何ができて何ができないのか疑問に思っている、ヘアを初めて着用する方からよく聞きます。 最も一般的な懸念は、エクササイズやスカイダイビングなどの高強度のアクティビティに関するものであり、シャワーや水泳の際にシステムが濡れることに関する質問にも関連しています。 システムのセキュリティに対する不安や疑問はごく自然なことですので、ご安心ください。

良いニュースは、髪を結い始めた後も、髪を結う前に楽しんでいたもののすべてではないにしても、ほとんどのことが引き続きできるということです。ヘアシステムでの生活に慣れるにつれて、恐怖は消え、自分のシステムが何を処理できるのか、自分の限界は何なのかを正確に知ることができます。

よくある質問

ヘアを初めて着用する人は通常、日常生活の中でヘア システムがどの程度しっかりと固定されるかについて疑問や心配を抱いています。 実を言うと、遊園地への旅行中や朝のトレーニング中にヘア システムが装着されていなければ、誰も髪を着用しなくなるでしょう。 髪のシステムの中で生きていくと、髪がこのまま続くと信じるようになり、いつ警戒する必要があるのか​​をよりよく理解できるようになります。

こうした懸念のため、ヘア システムで何ができるのか、何ができないのかについて、毎日多くの質問が寄せられます。 よくある懸念事項をいくつか示します:

  • 水泳 - はい、あなたのシステムでは絶対に泳ぐことができます。 ただし、塩水と塩素は非常に刺激が強いため、水に入る前に髪をダメージから守るための適切な措置を講じる必要があります。
  • ジム - 毎日激しいトレーニングを行うと、大量の汗をかくと絆が早く壊れます。つまり、より頻繁に絆を結び直す必要があるだけです。 ただし、時々運動したり、あまり汗をかかない場合は、絆の持続時間に大きな違いは見られない可能性があります。
  • シャワー - はい、シャワーを浴びることができます。取り付け後 24 時間はシステムを濡らさないようにし、髪をシャンプーするときのベストプラクティスに従ってください。
  • 性別 - システムが正しく接続されていれば、心配する必要はありません。 その場合は、パートナーに髪を抜くのは嫌だと伝えるとよいでしょう。
  • ジェット コースターとスカイダイビング - 適切なアタッチメントと強い絆があれば、高速で空を飛ぶことはまったく問題ありません。
  • 帽子とヘルメット - 帽子は摩擦を引き起こし、破損や早期の抜け毛を引き起こす可能性があります。 通常、ウールのニット帽とヘルメットが最もダメージを与えますが、それほど摩擦を引き起こさない帽子もあります。 この懸念を軽減する方法については、記事をお読みください。

注意すべきこと

ヘア システムでできないことはほとんどありませんが、制限が生じる可能性があることを認識しておくことが重要です。

取り付け方法と持続時間

接続方法によって制限が大きく決まります。 日常的に接着剤やクリップを使用して取り付ける場合は、プールに頭から飛び込む、高速ジェットコースターに乗るなど、髪に負担がかかる行為を避けることが最善です。 長期間保持できる強力な接着剤により、より安全な状態で使用できます。 あなたにできないことはほとんどありません。

体温上昇

激しいトレーニング、暑い日に屋外で座ったり、サウナに入ったりすることは、すべて体温を上げる活動です。 体温が上昇すると、結合が柔らかくなり、髪のシステムが緩み始めます。 これは、暑い日に外に出てはいけないという意味ではありませんが、非常に暑いとき、特に新しい結合が 48 時間未満の場合には、かなり簡単にシステムを外すことができることを意味します。 注意して最善の判断を行ってください。

塩素処理および塩水

前述したように、塩素と塩水はどちらも髪自体に大きなダメージを与えます。 乾燥、艶消し、もつれ、破損を容易に引き起こす可能性があります。 それは、あなたのシステムで泳ぐことができないという意味ではありません。 つまり、泳ぐ前に注意して髪を保護する必要があるということです。

酸化

屋外で多くの時間を過ごすと、太陽の紫外線により体毛が暖かく赤みを帯びた色合いになることがあります。 このプロセスは酸化と呼ばれ、髪にダメージを与えます。 もちろん、外に出てはいけないというわけではありません!髪には必ず UV カット効果のある製品を使用し、長時間屋外にいる場合は、帽子、スカーフ、またはバンダナの着用を検討してください。

お持ち帰り

認識すべき最も重要なことは、髪を伸ばし始めても生活が劇的に変わるわけではないということです。 ヘア システムの目的は、やりたいことをすべて実行できる自信を与えることです。

ここで説明した制限に怯える必要はありません。 正しい判断を下し、髪のお手入れのベストプラクティスに従う限り、髪を着るということは、あなたの人生に充実感を与えるポジティブで満足のいく経験となるでしょう。