検索

密度に影響を与える要因

密度は、ヘア システムを設計する際の最も重要な仕様の 1 つです。 ヘアシステムを完全に自然に、または完全に非現実的に見せることもできます。

各顧客のヘアシステムに適切な密度を計画する数十年の経験を持つ当社のヘア交換コンサルタントは、お客様の年齢とヘアスタイルに最適で最も現実的な外観を提供するために、お客様のシステムの密度について専門的な推奨事項を作成します。あなたが髪をかぶっていることはわかります。

その方法に興味がある場合は、このページで密度を決定する際に考慮されるすべての詳細を説明します。 ご覧のとおり、考慮すべき要素は非常に多くあります。

密度とは何か、またさまざまな密度の写真を見るには、 密度について そしてもちろん、毛髪システムの密度について質問や懸念がある場合は、ためらわずに毛髪置換コンサルタントに相談してください。

固有の不一致

何よりもまず、ヘア システムの密度は常にわずかに変化することを理解しなければなりません。 あるベンダーから別のベンダーに変更する場合でも、同じベンダーを使い続ける場合でも、ヘア システム製造の本質的な部分として密度のわずかな変動を受け入れる必要があります。 これを避ける方法はありません。

ベンダー間の違い

各ベンダー (オンラインまたは小売センター) は、独自の密度スケールを使用してヘア システムを製造する工場と通信します。 一部のベンダーでは、パーセンテージ (または平方センチメートルあたりの毛の数) などで注文できます。

別のベンダーから ReHair に切り替える場合は、ベンダーごとに規模が異なることに注意することが特に重要です。 現在のベンダーに中密度を注文したことがわかっている場合、中密度は当社または他のベンダーとは若干異なる場合があります。

注文間の密度の調整

当社のヘア システムは機械ではなく手作業で作られているため、同じシステムを 2 回再作成することは不可能です。 このため、ヘア システムの 1 つから次のヘア システムへの密度の わずかな の不一致に気づく場合があります。 密度の変動は通常、注文したものより約 5% 高いか低いと推定されます。 これは単なる近似値であり、業界の標準であり、ReHair に固有のものではありません。 この変化は予想されるものですが、あなた以外の誰にも気づかれないほど大きくなってはいけません。

毛髪の密度について継続的な懸念がある場合は、毛髪置換コンサルタントにご相談ください。 当社は、お客様のシステムの密度が今後の注文においてお客様の期待に確実に応えられるよう、お客様と協力してまいります。 ただし、手作り製品では予期される固有の変動を理解した上で、あるシステムから次のシステムへ密度を常に微調整しないことを強くお勧めします。

当社が提供する各ベース素材には、保持できる毛髪の量に関する独自のしきい値があります。 これは、一部の素材が非常に細かいため、ベースに髪が入り込みすぎると、髪がすぐに抜け落ち、ベースが壊れてしまうためです。 したがって、特定の 基材 (通気性や耐久性など) に対するお客様の要件に基づいて、工場がその基材に投入できる毛の量は異なります。

各ベース素材の密度のしきい値は次のとおりです。

- 薄いスキン: ミディアム ライト
- レース: ミディアム
- モノフィラメント: ヘビー

また、ヘアシステムのベースマテリアルの厚さにより、密度の見た目と感触が若干異なる場合があります。 密度をまったく変えずに、ある基材から別の基材に切り替えると、このことに気づくことがあります。 これは大きな懸念事項ではありません。それはただ注意すべきことです。

年齢

自然に見えるためには年齢に応じた髪の密度が必要であることはいくら強調しても足りません。 性別ごとに大きく異なりますが、男性も女性も年齢を重ねると薄毛や退行を経験します。 年齢および性別ごとの一般的な密度の詳細については、「密度について」を参照してください。

ヘアスタイル

特定のヘアスタイルを実現するには、一定量の髪が必要です。また、換気スタイル (前にブラシを掛ける、後ろにブラシを掛ける、左側の部分) によって、ヘアスタイルのニーズが決まる場合があります。密度。

たとえば、髪が短く、ブラシ フォワード スタイルで風通しが良く、鷹の真似スタイルのように髪を立たせる必要がある場合、そのスタイルを保持するのに十分な密度が必要です。 ただし、リフト、ボディ、ボリュームだけが必要な場合は、過度のかさばりを避けながらその外観を実現するには、より軽い密度が必要になる場合があります。

特定の通気性の高い部分で頭にぴったりとフィットする長いヘアスタイルの場合、コーミングによる過度の繰り返し摩擦が発生する部分に余分な密度が必要になる場合があります。 これにより、パーツがシステムの他の部分よりも早く剥がれたとしても、パーツが薄くなりすぎないようにすることができます。

前髪の生え際

生え際がなく、システムで再作成する必要がある場合は、高解像度の生え際をお勧めします (レースと薄い肌のベース)。 前髪の生え際のこの換気スタイルは、自然に生えている生え際を見事に模倣しています。 最初は前端で明るくなり、後ろに行くにつれて数ミリメートル以内に最大濃度まで徐々に増加します。

ヘア システムを成長中の前髪の生え際の後ろに配置する場合は、成長中の髪と最適にブレンドするために、システムの前端から全密度を開始する必要があります。

ゾーン

すべてのヘア システムには、密度と色の特定の指示を工場に伝えるために使用される「ゾーン」、つまりさまざまな事前に決定された領域があります。 たとえば、トップとサイドでは異なる密度が必要な場合があります。そのため、システムは成長中の髪によく溶け込みながら、トップに必要なカバー力を提供します。 参考までに、ここでは一般的なゾーンを図示し、以下に説明しますが、サイズや形状は大きく異なる場合があります。

ゾーン: 通常はフロントと場合によってはテンプルだけで構成されます

部分キャップ システムと 4 分の 3 のキャップ システム
ゾーン: フロント、トップ、クラウン、サイド、バック、場合によってはテンプル

部分システムの場合、前面、側面、背面の配置は、外縁の深さ約 1 インチ程度から始まります。 トップはフロントゾーンのすぐ後ろから始まり、頭頂部の真ん中あたりまで続きます。 クラウンはトップのすぐ後ろから始まり、システムの後端から約 1 インチの後ろの開始位置まで続きます。

スリークォーター システムでは、サイドとバックの領域が深くなりますが、フロント、トップ、クラウンの配置は上記と同じままです。
ゾーン: フロント、トップ、クラウン、サイド、バック、こめかみ、うなじ、もみあげ

フル キャップ システムはサイドとバックの寸法がより深くなりますが、フロント、トップの配置は異なります。 、クラウンはそのままです。 フルキャップは、こめかみ、もみあげ、うなじなどのゾーンで換気することもできます。

ブレンド

ヘア システムを成長中の髪にブレンドする場合、ヘア システムの特定のゾーンに異なる密度を推奨する場合があります。

たとえば、あなたがびまん性脱毛症で髪が長い若い女性で、部分システムを着用し、サイドや背中の成長中の自分の髪とブレンドする必要がある場合は、それを合わせるのが最適かもしれません。サイドとバックの密度は薄くなりますが、トップとクラウンの密度はわずかに重くなります。 これにより、より現実的なブレンドが可能になりますが、年齢を考慮して頭皮をあまり見せたくない上部の濃度を高めます。 また、ヘアシステムが成長中の髪と接触する部分のかさばりも軽減され、髪をアップにするとより自然な外観になります。

対照的に、男性型脱毛症の高齢男性で、側面の毛髪の密度が中程度に成長している場合は、それに合わせて、頭頂部の密度を薄いか中程度にすると、現実的で見栄えが良くなります。彼の年齢にしては自然なことだ。 私たちはこれらすべてのことを考慮しますが、工場が注文間で簡単に複製できないほど密度が複雑になることとのバランスを考慮します。

ウェーブとカール

タイトなウェーブとカールは、密度の外観に大きく影響します (髪に加工されたわずかなウェーブと曲がりは問題になりません)。

ウェーブやカールがきつくなるほど、密度の見た目に与える影響が大きくなり、髪が実際よりも太く見えます。これは、カールがストレートヘアにはない自然なボリュームを生み出すためです。 このため、非常にウェーブのかかったヘア システムや縮れたヘア システムでは、密度を下げることで補正する必要があります。

たとえば、ストレート ヘアで中密度のヘア システムは、同じ密度でしっかりとしたカールのあるヘア システムとは大きく異なります。 カールがきつくなるほど、髪は太くなり、ボリュームが増して見えます。 密度が高すぎると、巻き毛システムがかさばり、扱いにくくなる可能性があります。 逆に、ストレートの髪や軽いウェーブのある髪の場合、密度が低いと、髪が柔らかく、糸状になったり、薄く見えたりする可能性があります。

髪の色

密度の外観に関して見落とされがちなのが、髪と肌の色です。 肌と髪の色のコントラストが高いと、密度が薄く見えることがあります (明るい肌の色に対して暗い色の髪、暗い肌の色に対して明るい髪など)。 逆も同様で、明るい髪は明るい肌の色調に溶け込み、暗い髪は暗い肌の色調に溶け込み、髪の密度が太く見えます。

自然な密度への移行

初めてヘアを着用する状態に移行する場合、または異なるタイプのヘア ソリューション間で移行する場合は、密度を慎重に考慮する必要があります。移行は明らかではなく、ストレスもかかりません。

従来のかつらや重い統合システムから結合ヘア システムに切り替える場合は、ヘア システムを設計するときに以前のソリューションの密度を考慮する必要があります。 ヘア システムは通常、従来のかつらや一部の統合システムよりも密度が低くなります。 これらの製品は、ベースおよび/または横糸の構造を覆うために、多くの毛を使用して設計されています。 このため、同年齢の一般的な人よりも重い密度から始め、最初の 1 年間 (最初の 3 つまたは 4 つの毛髪システム) で少しずつ密度を減らし、次のレベルに達するまで密度を下げることをお勧めします。自然な濃さ。 これにより、ボリュームのあるヘアシステムから自然な見た目のヘアシステムへの移行が目立たなくなり、一晩で密度を大幅に下げるよりも精神的なストレスがはるかに少なくなります。

現在ヘアを着用していない場合、または局所ファイバー、マスキング ローション、ウィッグなどの別のヘア ソリューションを使用していて、ボンディング ヘア システムの着用を開始する予定の場合は、逆のアプローチが適用される可能性があります。 髪の毛が極度に薄い場合、自分の体毛が非常に薄いのを見慣れているため、同年齢の人にとって平均的な毛髪の密度は太すぎて重く感じるかもしれません。 このため、年齢に応じて推奨されている濃度よりも軽い濃度から始めて、最初の 1 年間で徐々に濃度を上げていくとよいでしょう。 これは、移行が懸念される場合でも、移行が世間にあまり目立たないようにするのにも役立ちます。

非常に細い髪や不自然に太い髪から移行する場合、自然な髪に慣れるまでに時間がかかることがあります。 私たちは、お客様に見た目も気分も最高のものにしていただき、快適な移行のための準備を整えていただきたいと考えています。 早くて大きな変化を望むのはよくあることですが、それに対する心の準備ができていれば大丈夫です。 ヘアスタイルを秘密にしておきたい場合、または外見の大きな変化に伴う精神的ショックが心配な場合は、最小限の負担で最も快適に移行できるよう、ヘアリプレースコンサルタントに懸念事項について話し合うことをお勧めします。精神的ストレスの量。