検索

ヘアシステム上の帽子、ヘルメット、フード、スカーフ

髪全体に帽子をかぶるのは初めてですが、古い帽子、フード、スカーフだけが使えるわけではありません。投資を保護するために、ここでは、帽子、フード、ヘルメット、スカーフを着用するときに避けるべきことと注意すべき点について説明します。

帽子

標準的な綿やフランネルの枕カバーで寝るのと同じように、ぴったりと編んだりかぎ針編みしたウールや綿の帽子は髪を傷める可能性があります。帽子やフードの内側にある毛羽立ったフリースやフランネルも同様です。ベルクロのような短い繊維が髪に引っかかって引っ張り、結び目、もつれ、切れの原因となります。また、髪から水分を吸収して髪を乾燥させます。

ヘルメット

仕事、乗馬、その他の活動で定期的にヘルメットを着用する必要がある場合は、ヘルメットの下にヘッドスカーフを着用することをお勧めします。ヘルメットを頻繁に着脱する場合、これにより、抜け毛の原因となる摩擦から髪を保護し、一定の張力から髪を保護することもできます。必須ではありませんが、ヘアシステムを最大限に長持ちさせたい場合は、ヘルメットの下にヘッドスカーフを着用してください。

フード

短い髪の場合はそれほど問題になりませんが、長い髪の場合、コートやパーカーのフードが不必要なもつれを引き起こす可能性があります。フードの中に収まっている髪は、動き回ると束になって絡まります。

かぶれる帽子

暖かく保ち、毛髪置換システムを保護するための簡単なヒントをいくつか紹介します:

  • サテン、ポリエステル、アセテート、ナイロン、アクリル、キャンバス、またはフェイクファーの裏地が付いた帽子とフードを選択してください。
  • ニットやかぎ針編みではなく、織られた帽子を選びましょう。これにより、表面がより滑らかになり、髪が巻き込まれる隅々が少なくなります。
  • 髪に摩擦が生じるきつい帽子は避けてください。
  • 毛羽立った繊維から離れてください。帽子やフードが毛羽立っていると、髪の毛も毛羽立ってしまいます。
  • 過度のマットやもつれを防ぐため、濡れた髪に帽子やフードをかぶらないでください。

スカーフ

髪が短い場合は、冬のスカーフは問題ありません。しかし、髪が長い人にとって、スカーフは絡まって切れる可能性が高くなります。

髪が長く、首筋に自然に生えている髪が残っている場合、スカーフが髪のシステムではなく、伸びている髪に擦れます。そうは言っても、ふわふわした繊維の綿やウールの繊維で作られたスカーフを着用することが良いアイデアであるかどうかを判断する必要があります。成長中の髪の毛は、スカーフと体内の髪の毛の間に適切な障壁を作るのに十分な密度が必要です。フル キャップ システムを着用していて髪が長い場合は、髪が絡まないシルク、アクリル、アセテートのスカーフ、または同様の繊維を使用してください。