検索

髪のシステムを泳ぐ

毛髪置換術に慣れていないときは、結合した毛髪システムで泳げるかどうか疑問に思うのが一般的です。はい、髪の内部で泳ぐことはできますが、髪を傷めないように、水に入る前にこれらの簡単な予防策に従うことが重要です。

接着後は、過度の発汗など、あらゆる種類の水にさらされる前に、接着が完全に硬化するまで少なくとも 24 時間待ってください。これは非常に重要です。

髪を太陽から守ります

屋外では、水の中以外では帽子やスカーフを着用して髪を日光から守ることをお勧めします。

水泳や日光にさらされる前に、UV フィルターが組み込まれた洗い流さないコンディショナーを使用してください。これにより、髪が赤みがかった色に酸化するのを防ぎ、日光による乾燥の進行を防ぐことができます。

塩分や塩素から髪を守ります

塩素と塩水は、処理された髪に非常にダメージを与えます。ご希望であれば、スイムキャップを着用することをお勧めします。

スイムキャップが合わない場合は、泳ぐに次の手順を実行して、髪に「良い」水で飽和させ、塩素や塩分をあまり吸収しないようにしてください。

  1. 濾過水でヘアシステムを濡らし、髪に浸透させます。
  2. 濡れた髪に洗い流さないコンディショナーをたっぷりと塗布します。

よろしければ、髪を三つ編みにするか、ぴったりとフィットしたスカーフを着用して、水の中で髪が絡まないようにしてください。

これらは、水泳に行ったに従うべき重要な手順です:

  1. 洗い流さないコンディショナーをスプレーし、髪をとかし、髪のもつれを優しく取り除きます。
  2. できるだけ早く濾過水 (必要に応じてシャンプーも) で髪をすすぎ、整えてください。
  3. 次に髪を頭から外すときに、髪のシステムを深く整えてください。

外の暑さで絆が緩んだと感じた場合は、プールに飛び込んだり、サーフィンをしたりして体温を下げ、絆を少し回復させてください。

濡れた髪をとかすときは注意してください。髪は濡れているときに最も傷つきやすいのです。投資には気をつけてください。問題が発生しても辛抱強くお待ちください。もつれをとかすときは常に最後から始めて、根元に向かってに作業してください。さらなる保護のために、シームレスな「ボーン」コームをぜひご賞味ください。